スポンサーサイト

0
    • 2018.03.12 Monday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    藍色大門【台湾】

    0


      2002-10-27
      劇場公開時邦題:「藍色夏恋」

      僕の恋・彼の秘密

      0
         

        原題:十七歳的天空

        [emoji:396]パープル・バタフライを観た後に同じく新宿武蔵野館内で
        Kちゃんと一緒に鑑賞。
        以下作品の内容に触れます。
        大丈夫な方は続きを読む をクリックしてどうぞ。
        続きを読む >>

        靴に恋する人魚

        0


          原題:人魚[几/木][几/木]
          この作品、東京では2006年に新宿武蔵野館で公開予定。
          以下作品の内容に触れます。
          大丈夫な方は続きを読む をクリックしてどうぞ。
          続きを読む >>

          頭文字D@台北

          0
             

            原題:頭文字D

            台湾に旅行に行った時に観てきました。
            この映画タイトルだけは映画化する前から知っていた。
            うちの公司は商品を運送屋さんに頼んで配達してもらう
            のだが、うちの部署と深い付き合いのある運送会社のS氏が
            頭文字Dの遊戯にはまっていて(乗車したことはないけど
            S氏の運転もすごいらしい!)PCでメンバーカードまで
            作成する熱の入れようぶり!
            それが香港映画化されるというので興味津々(笑)。
            しかし公開前に日本では吹替版かもしれないという噂が。
            香港映画を吹替版で観るのは嫌だなあと思っていたら
            いつも日記を楽しく読ませて頂いている香港在住のEさん
            が広東語の頭文字Dが好好睇と書かれていた。
            気になる〜ということでちょうど台湾でも上映中で
            広東語バージョンを上映していないかなと思っていたら
            上映していました。

            けど、私が慣れていないせいもあるけど
            台北で映画鑑賞するのは好便じゃない。
            まず、映画館が駅からあまり近くない。
            後、指南地図に映画館の場所が記されていない。
            なので今回宿泊したのは西門町と台北の間だったので
            西門町で鑑賞しようと思えば出来たんだけど
            場所がわからないので微風廣場で鑑賞。
            ここは昨年、Kちゃんと来て映画館のあるショッピング
            モールというのをチェック済。

            微風廣場はシネコンになっています。この日は雨。
            映画館が冷むいといけないので長袖のカーディガンと
            ストールを持参。そしたら此処は意外と適温で
            それほど寒くなかった。

            以下作品の内容に触れます。
            大丈夫な方は続きを読む をクリックしてどうぞ。
            続きを読む >>

            生命〜希望の贈り物〜

            0
              電影の日にYちゃんと観てきました。
              この作品は山形ドキュメンタリー映画祭で優秀賞を獲った作品。
              (ドキュメンタリー映画祭としては定評のある映画祭。)

              台湾地震が起こった時はショックだった。
              当時いろんなニュース番組で映像や台湾明星の出演番組で
              大震災後の復旧の様子を見たりはしたけど本当のことは
              よくわかっていなかった。僅かながら募金もした。
              台湾は映画も音楽も好きだし、昨年も訪れたばかり。
              台湾大震災についてちゃんと知らなければと思い足を運んだ。
              作品は私が想像していた以上に受けるものが大きい作品だった

              以下作品の内容に触れます。
              大丈夫な方は続きを読む をクリックしてどうぞ。
              続きを読む >>

              時の流れの中で

              0


                原題:經過
                本日は全部で3本鑑賞。
                前の2本(「青春愛人事件」、「ブレイキング・ニュース」
                )と比べるとすごくゆっくりとした流れの物語だった。
                作品ラインナップの紹介通り台湾故宮博物院の書物を軸に
                登場人物たちの想いが交差していく。
                この映画に登場する人たちは自分の本当の感情を押し殺して
                日常を生きている。
                それは現在を生きる我々にも言えることかもしれない。

                「藍色夏恋」ではスッピンだったのもあるけど、どこか
                ボーイッシュな雰囲気も漂わせていた桂綸[金美]ちゃん
                だったけど、この映画では少し色気が出ていた。
                後、複雑な感情をうまく表情で表現していて、
                彼女の演技の成長ぶりにちょっと驚いた。

                [emoji:110][emoji:110][emoji:127]
                静かに心に浸透。

                愛情霊薬B.T.S

                0
                   

                  台湾映画祭にて鑑賞。
                  お馬鹿映画だったけど愛のある映画でなかなか楽しめた。
                  王光良は高校生役が違和感なかった。
                  ゆで卵を喉につまらせるシーンでは妙に共感を覚える。
                  (ゆで卵に関してはささやかなトラウマが…。)

                  [emoji:110][emoji:110]

                  calendar
                  1234567
                  891011121314
                  15161718192021
                  22232425262728
                  293031    
                  << July 2018 >>
                  PR
                  selected entries
                  categories
                  archives
                  recent comment
                  recommend
                  links
                  profile
                  search this site.
                  others
                  mobile
                  qrcode
                  powered
                  無料ブログ作成サービス JUGEM